【イベントレポート】東京レインボーブライド2022出展にかける想い

2022年10月24日

皆さんは、東京レインボープライド(以下「TRP」)というイベントをご存じでしょうか?LGBTQIA+をはじめとするセクシュアル・マイノリティの存在を社会に広め、「”性”と”生”の多様性」を祝福するイベントとして、2012年より毎年開催されています。

そして今年のTRP2022には、「眠りという愛をすべての人に。」届け、より良い睡眠を通して全ての人が自分らしく生きられる社会を実現するため、コアラマットレスも協賛企業として出展いたしました。

今回初となるTRP出展ですが、実はある1人の強い想いからはじまりました。本ブログでは、出展に至る背景を語る社員インタビューと合わせて、イベント当日の様子をお伝えいたします。

はじまりは1人の想いから

ー 出展のきっかけを教えてください。

今年初めてTRPに出展して大成功に終わりましたが、始まりは一社員の想いだけを詰め込んだ荒削りの計画書からスタートしました。実は、その一社員というのは、私のことなんです。

LGBTQIA+コミュニティに属する者として大きなことは出来なくても、何かこのコミュニティの力になりたい・・・そんな想いがいつの頃からか芽生え、それはコアラに入社してさらに高まりました。

入社前に何度か面接があったのですが、最終面接の際、今の上司である面接官のオープンな姿勢に、私自身も自分らしく想いを伝えたいと感じ、思い切って自身のセクシュアリティをカミングアウトしました。

かなり勇気は入りましたが、面接官全員が快く受け入れてくれたお陰で今私はここで楽しく働けていますし、のちにコアラの社風でもある「働く社員一人ひとりを尊重する」という点を、強く感じられる瞬間でもありました。

オーストラリアのあらゆる文化を受け入れた多様性を尊重する自由な社風の中で働く内に、入社前に抱いていた熱い想いが段々と強くなっていきました。

ー 実際、どのようにして出展を進めていきましたか?

私はカスタマーサービスチーム(以下CSチーム)に所属しています。ある時チーム内でメインの業務とは別で各社員が関心のあることに対してプロジェクトを立ち上げるという、新しい試みが始まりました。そこで思い立ったのが、DEI(Diversity/Equity/Inclusion)の活動でした。「この内に秘めた熱い想いを伝えたい」まずは、なぜこのプロジェクトを成功させたいかを文字に込めて、企画書として提出しました。

私のプロジェクトでは、まだまだ理解の遅れているLGBTQIA+の現状にスポットを当て、社内でプレゼンテーションを実施し、自身のセクシュアリティもカミングアウトすることで、少しずつ社内での意識が変わっていくのを感じることができたように思います。

何度目かのプレゼンテーションが終わった後、思い切って上司にTRPへの出展を提案してみたのです!
・・・答えは、二つ返事でGOサインを頂きました。きっと一生忘れることがないくらい、大きな衝撃を受けたのを今でも覚えています。そこからは瞬く間に話が進んでいき、社内全体のサポートはもちろんのこと、各チームが一丸となって、どうしたらTRPでコアラのブースが良いものになるのか、毎週定例のミーティングで話し合いながら進めていきました。

すべての人が自分らしく生きられる社会を願い生まれたブランドビジュアル

すべての人が自分らしく生きられる社会を願い生まれたブランドビジュアル

Happy Pride! 活気と情熱に包まれた3日間

ー イベント期間中は、どのような反応がありましたか?

打ち合わせを重ね、いよいよ本番!私も3日間ブースに立ちましたが、3年ぶりの現地開催ということもあり、出展者・来場者、TRPに関わる人全ての熱気が肌でも感じられるくらいに、活気と情熱に包まれた会場でした。

ブースでは、お客様からご好評を頂いているNew コアラマットレスとコアラソファーを設置し、自由に体験していただくことができる環境を整え、TRPのためにレインボーカラーを施した弊社のキャラクター、ココちゃんのトートバッグやステッカーを配布しました。

イベント期間中は700名以上ものお客様がブースを訪れてくださったので、コアラマットレスの良さを知っていただく絶好の機会となりました。皆さんが笑顔になって帰って行くのを見られたのは、実際にブースに立った者ならではの特権と言ってもいいかと思います。

東京レインボーブライド2022に出展

New コアラマットレスとコアラソファーを気軽に試せるスペースを設置

また、TRP最終日には、会場の代々木公園から渋谷のスクランブル交差点などを練り歩くプライドパレードも開催され、CSチームの同僚3名と一緒に参加しました。雨をものともせず、レインボーフラッグを振りながら、街頭から聞こえる沢山の「Happy Pride!」の声援と共に、”プライド”を持って歩ききることができました。

代々木公園到着間際では、こんなにも貴重な瞬間を支えてくれる同僚と体験することができたことに、胸がいっぱいになり、自然と涙が溢れてきたことを今でも鮮明に覚えています。

東京レインボーブライド2022に出展

イベントに参加したコアラチーム

多様性の大切さを伝えていきたい

ー 今後の展望について

今年のLGBTQIA+に対する大きな活動は終わりましたが、これが本当の終わりではなく、始まりなのだという思いをもち、TRPだけではない社内での啓蒙活動やコアラマットレスという企業の存在や商品を通して多様性の大切さを引き続き発信していきます。

コアラマットレスについて

同じカテゴリーの記事を読む

最新の記事

最新のライフスタイル情報をお届け!