引っ越しに役立つヒント:引っ越しの際に知らなきゃ損!便利なコツ

2018年3月23日

「引っ越し」という言葉を聞くと、家具や物を家の中から新居に出し入れするストレスと恐怖が蘇るかもしれません。

でも引っ越しはそこまでストレスを感じるような体験でなくてもいいのです!意外な引っ越しのコツをしっかり抑えておけば、引っ越し当日は軽々と行えるはずです。

では誰も教えてくれない引っ越しの便利なコツを見ていきましょう。

引っ越しは平日に予約する

 

平日に引っ越しを予約するのは週末よりはるかに安上がりです。お金の節約以外にも、比較的忙しくない平日であれば、引越しもスムーズに。

重要な小物は箱に詰める

 

やっと引っ越しが終わったと思ったら、箱だらけの家の中でテレビのリモコンが見つからない!なんて状況になったことはありませんか?

テレビのリモコン、ベッドフレームの脚、家具の取扱説明書など、重要な小物はすぐ見分けがつく小さな箱に入れておきましょう。また、引っ越しトラックではなく、個人の車に積めば、重要なものをどこに置いたか絶対に忘れません。

日用品は別に分けておく

 

引っ越しの当日は疲れ果てて頭が回らないことが多いので、お茶やコーヒー、トイレットペーパー、お薬、充電ケーブルなどの重要な日用品は、引越し後にどこに置いたか忘れがちになります。

このようなものは引っ越し前夜に準備し、当日は箱だらけの中であってもすぐ見つかりやすい場所に置いておきましょう。

模擬引っ越しをする

 

家具を新居に移動するのは大仕事です。だから、実際に物を移動する前に、試しに大事な家具が玄関や階段の幅に収まるかどうか、「引っ越しの練習」をしてみると◎。最悪なケースは大きさをしっかりと把握していなかったために、クレーン等が必要になること。引っ越しする前に、新居のスペースを計れば、当日にびっくり仰天することを防ぐことができます。

 

 

引っ越しトラックの駐車スポットを予約しておく

 

ギリギリまで荷造りに手間を取ってしまうことはあると思います。そんなことも兼ねて、引っ越し業者がトラックを駐車できる最適なスポットを見つけ、駐車の事前予約をすることで、引っ越しチームがスムーズに荷下しできるはずです。

引っ越し業者に差し入れ

 

引っ越し業者はおそらく自分の弁当を持ってくると思いますが、冷たいドリンクや、スイーツ、宅配ピザなど、体力の補給となるものを差し入れすることで、引っ越し業者が効率よく働いてくれるはずです。

フロアプランを事前に考えておく

 

引っ越しのために家の物を全てまとめるのは頭を働かせるものです。しかし、新居でのフロアプランを考えておき、引っ越し業者に伝えておけば、引っ越し後、重い持ち運びを自分一人でやらなくて済みます。特に違う部屋や階にものを間違えて置かないこともなくなるでしょう。

引っ越しの当日は必ず少しはストレスを感じるはずです。でもここで紹介したコツを頭に入れておけば、多少はスムーズな日を過ごすことができます。すぐ新居に慣れて新しいスタートを切リましょう!

コンパクトな箱で届くコアラ・マットレスについてはこちら>>>

 

同じカテゴリーの記事を読む

最新の記事

最新のライフスタイル情報をお届け!